なんとなく復活してみました(´・ω・`)


by takac1225
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドコモの中村社長自らが、純増シェアでauに負ける理由として挙げた理由とは……。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0410/18/news049.html


2004年はauが非常に好調のように世間一般では思われがちだが、実際はドコモも・・・と言う事を、NTTドコモ社長の中村氏が自ら語った。

1.加入者率はauよりもドコモの方が多い
2004年4-9月分の平均
○推定加入者数
ドコモ(671,000)>au(469,000)
○解約率
ドコモ(1.1%) ○推定解約者数
ドコモ(511,500)>au(264,000)
○純増数
ドコモ(16万)
と、一見「推定加入者数」、「解約率」、「推定解約者数」だけ見るとドコモの方が成績は良く見えるのだが、これはあくまでも同じ契約者数をもっていた場合であって、ドコモとauだと契約者数が約2倍違うのである。
そうなると、いくら解約率が低くとも、同じ契約者数で足並みをそろえた時、auとあわせれば解約率は3%にも上るのである。
しかし、ドコモは昨年から解約率を1.2%→1.1%以下に引き下げた点でも、優秀な成績を収めている。
しかし結局は全体数の多いドコモは、月間純増数がauに負けているという現状である

2.契約者数飽和状態
ここ数年で一気に携帯電話の普及率が伸びた。
今では、老若男女誰もが持っている時代とも言えるようになってきた。
そうなると、キャリアは新規契約者を増やすよりも、解約者数を減らす事が必要となってくる。
そんな中、ドコモは「FeliCaサービス」の実施に踏み込んだ。
これは、密かに解約者数減少の手段でもあったのだ。
FeliCaはEdy等の何種類もの非接触ICを統括しているもので、もしキャリアを代えるとなると、1つ1つ移動する必要が出てくるため、かなり手が込んでくる。そうなると、今まで「番号が代わると面倒だから、キャリアは代えない。という人にはさらに追い討ちをかけることになり、あまり詳しくない人は移行の仕方がわからず留まってしまう場合は多々出てくるだろう。
こういった面でもドコモは商売上手である。

3.2006年番号ポータビリティ(MNP)の導入
言うまでもないが、これは「番号を変えずにキャリア間を行き来できるシステム」である。
今まで「番号を変えるのが嫌だから、今のキャリアにいる」と言った人が、今使ってる番号をそのまま他のキャリアに持っていくことが出来るのだ。
しかし、このシステムが開始されると解約者数はまた増える可能性が高い。
それをを防ぐためにも、ドコモは2006年までにFeliCaを大規模に普及させなければならない。
[PR]
by takac1225 | 2004-10-19 14:38
明日といっても日付上は今日になるが、10月13日(水)は、一部の携帯通の中で噂されているビックイベントの日である。
そのビックイベントとは、「DoCoMo・au冬モデル発表会が行われるのでは!?」と言う噂である。
新機種の発表会は大体が、水曜日に行っており、今回もおそらく水曜日に発表となるのではないだろうか。
そして、10月13日説が有力なのは、DoCoMoとauで同じ情報が流れているため、両者とももし一週出遅れるだけでユーザーからのイメージはガラリと変わる。
その為、両者としてはなんとしてでも、この10月13日に発表会を行いたいのであろう。
もし、明日発表会があるとしたら、第一陣は恐らく11月上旬になると予想される。
特に根拠は無いが、DoCoMoは、富士通。auは、CASIO or 東芝という予想が出来る。
さて、今年の冬商戦の軍配はどちらに上がるのだろうか!?
[PR]
by takac1225 | 2004-10-13 00:29 | ドコモ・au関連
ドコモは10月5日、CEATECの展示ブースでFOMAとGSMのデュアル端末を参考展示した。製品名や発売時期などは明かされていないが、「900iG」と見られる。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0410/05/news046.html


FOMAで、海外での通信方式の一つ「GSM」対応端末がCEATECの展示ブースで公開された。外見を見ても「NEC」特有の形であることから、OEMはNECと見ても間違いないと思う。
901ixを控えた現在ドコモは、PDC新端末の発売を開始。901ixも近々発表があるだろう。
スペックも定かではないものの、
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Sunnyvale/4685/new.html
なので、スペックが公開されている。
901ixでは、2GHz/800MHzのデュアル仕様になるという話もあり、現在PDCを使っている自分も今回のF901iCは絶対欲しい。
900iCはカラー4色とデザインが今一だったため断念・・・
a0006819_22564964.jpg

[PR]
by takac1225 | 2004-10-05 22:55 | ドコモ関連
「携帯はADSLとは若干違う世界。“安さ”だけではないのが特徴だ」

 NTTドコモの中村維夫社長が9月30日の社長会見で、携帯参入をうかがうソフトバンクについてコメントした。「(ソフトバンクが参入すれば)競争がますます激しくなるのは間違いない」としたものの、携帯電話はネットワークの安さだけではなく、端末やコンテンツなど総合力の勝負だとした。

 「(今でも)通信料も端末も安いところがあるが、勝てているかといえば、勝てていない」(中村氏)

 ソフトバンクが異議を申し立てている800MHz帯については(9月6日の記事参照)、「2012年までに再編しようという話。2006年、07年の話ではない」と、直近の情勢には影響ないとした。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0409/30/news100.html


確かにいくら安くても、コンテンツが不十分であったり、電波の良し悪し、通信トラフィック等、携帯電話には色々な魅了であり、必要不可欠な箇所がある。
例えばいくら価格が安いからといって、通信速度が遅かったり、電波が届かなかったりすれば、結局は品質>価格となってしまう事には変わりない。
ソフトバンクは、「YBB(ヤフーブロードバンド)」で、国内の多くの加入者を加入させることに成功したが、これはあくまでも従来の電話回線を使用しているためカバー範囲の心配はなく、成功したとも言える。
ただ、これが携帯電話となると話は別だ。
携帯電話は、自社で電波塔(基地局)を立てる必要があるため、莫大な費用が要求されてくる。
果たしてここまでして、ソフトバンクには勝算があるのだろうか・・・!?
[PR]
by takac1225 | 2004-10-01 14:17 | ドコモ関連