なんとなく復活してみました(´・ω・`)


by takac1225
カレンダー

<   2004年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今後、無線LAN内蔵の「N900iL」、GSMとのデュアル端末「900iG」に続き、年末にはiモードFeliCa対応の「901iシリーズ」が投入される。2005年に入ると、FOMA普及モデル、「901iSシリーズ」、そしてHSDPA対応サービスが提供される予定。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0407/30/news064.html?mc10


今年度末頃から、「901i」が発売され、コレには「FeliCa搭載」、「800M/2Gのデュアルバント対応」とも言われている。
また2005年の秋~夏にかけて「901iS」が発売される予定もあり、movaはもう完全に主力では、無くなった。
そして、2005年から導入される「HSDPA」に関しての端末も恐らく出るのではないだろうか・・・流石ドコモ・・・とも思われる企画案だ
a0006819_23564912.gif

[PR]
by takac1225 | 2004-07-30 23:59
900iシリーズに続いて登場した「FOMAらくらくホン」の型番は「F880iES」。880やESは何を意味するのか。FOMAの型番ルールに迫る。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0407/29/news082.html?mc10


ドコモ端末といえば、端末名が素敵w「505i」とか「900i」・・・これらはユーザーとしても非常にわかりやすい付けかただと思う。「504iシリーズ」はmova2002年モデル、「505iシリーズ」はmova2003年モデル、「900iシリーズ」はFOMA2004年モデル、「901iシリーズ」はFOMA2005年モデルと言ったように、単純に一年毎に下一桁を1つ繰り上げている。
また、

型番 端末の種類
9xx FOMA、パルディオ・ホームステーション
8xx 個性派FOMA、ドッチーモ、レンタルアナログ携帯
7xx PHS
6xx 個性派携帯、スタンダード携帯(デジタルムーバ)、
5xx iモード携帯
4xx 自動車電話(デジタルカーフォン)
3xx スタンダード携帯(デジタルムーバ)、PHS(パルディオ)
2xx スタンダード携帯(デジタルムーバ)
1xx アナログ携帯(ムーバ)

と言う規則性もある。

そして、「900i」、「505i」、「506i」、「252i」と言ったように、「i」が付くものは「i-mode対応端末」
「505iS」、「900iS」と言ったように、「S」が付くものは「セカンドモデル」所謂、「i」のスペックを上げた物が「iS」と言った感じだ。
また「L」は「無線LAN」、「T」は「タッチパネル」、「C」は「FeliCa」、「GPS」はそのまま「GPS」である。
また、昨日取り上げた「F880iES」の「ES」とは「Easy & Simple(イージー&シンプル)の略」であるとの事。

因みに、昨年までのFOMAの端末名は「2xxx」と4桁だったが、やはりユーザーの馴染みがないみたいなので、3桁にしたらしい。また、「何故、901i」じゃなかったかというと、「(FOMAを)ゼロからはじめる」と言った意味も込められているそうだ。
[PR]
by takac1225 | 2004-07-29 23:28 | ドコモ関連
ドコモは、「誰にでもかんたん、人に優しい」をコンセプトにしたユニバーサルデザイン端末「らくらくホン」のFOMA版を開発した。らくらくホンとして初めてカメラを搭載。テレビ電話やカメラ機能も使いやすいインタフェースだ。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0407/28/news039.html?mc10


NTTドコモ(以下、ドコモ)は、FOMAシリーズ用に「誰にでもかんたん、人にやさしい」をコンセプトとした新機種「F880iES」を開発した。
コレは、今までにもあった「機械が苦手な方の為」の端末シリーズである。
この、「誰にでもかんたん、人にやさしい」をコンセプトとした端末はいつ頃から発売されているのかというと、初代は1999年に「P601es」として発売された。その時は、iモード加入者数が100万契約を突破した頃で、携帯電話がビジネスシーンから一般向けへとシーンの拡大をし始めた頃である。
そして、後継機種が富士通から発売されて、それが現在に至っている。
2001年ニ発売された「らくらくホンII」からは、電話からiモード、メールへとシフトしてきている。つまり「通話も簡単。メールも簡単」と言うのがこの「らくらくホンII」である。
その後は「らくらくホンIIS」が発売されより、使いやすくなった。
そして、ようやく今年FOMAから発売される事になった「らくらくホン」シリーズにはなんと、「2.4インチQVGA液晶」、「30万画素CMOS/10万画素CMOS」が搭載されており、らくらくホン史上初の「カメラ搭載」となった。
カメラ搭載によって、「更に使い難くなったのではないか?」と思われるかもしれないが、その不安も皆無のようだ。
テレビ電話・音声着信時には、画面上のガイダンスとの連動してボタンも光り、より一層操作がわかりやすくなっている。
機械が苦手・・・と言う方には、是非オススメの端末である
a0006819_164217.jpg

[PR]
by takac1225 | 2004-07-28 16:43 | ドコモ関連
液晶のきれいさ、デザイン、操作性……。携帯を買い替える際のポイントはいくつかあるが、注目するポイントには男女差があるかもしれない。そんな調査結果が出た。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0407/27/news025.html?mc10


ケータイはひとえに容姿だけで選ぶ事は出来ない。
デザインが気に入っても、中身(スペック)が思ってるよりも低い時はやはり、それを断念さぜるえない場合と言うのがよくあると思う。
ただ、その観点と言うのが、男女で違いが出ているらしい。

○男性はスペック重視、女性はデザイン重視
ドコモ端末の売れ行きを例に例えてみると、

□男性
505iシリーズ>FOMA(900iシリーズ)>504iシリ-ズ>FOMA(900iシリ-ズ以外)
□女性
505iシリーズ>251i/252iシリーズ>504iシリーズ>FOMA(900iシリーズ)

505iシリーズがTOPという点はかわらないのだが、次が男性は900iシリーズ、女性が251i/252iシリーズと大きく異なっている。900iシリーズと言えば、究極のケータイとドコモは位置づけしてるのに対して、251i/252iシリーズはと言うと、ドコモとしてはmovaの中でも廉価版もしくは、デザイン重視として発売している。
つまり、この結果より男性はスペックを優先するのに対して、女性はデザインを優先していると言う事がわかる。

○購入の際のポイントは?
□男性
液晶のサイズ、綺麗さ>デザイン、カラー>端末価格>操作性
□女性
デザイン、カラー>液晶のサイズ、綺麗さ>端末価格>カメラ付き

男性は液晶のサイズ、綺麗さを一番に考えてるのに対して、女性はデザイン・カラーを優先して選んでいる。
つまり、上で見た「男性はスペック重視、女性はデザイン重視」の結果の立証にもなっている。
また、第4位にランクインしている、操作性と、カメラ付きだが、この辺りも男性らしい、女性らしいと言える。男性は、日常的にビジネス用途として使う場合どれだけ操作性がよいかと言うのはかなり重要視されていると思う。女性は、自分撮りを含め、友達と一緒に撮ったり、一つの思い出としてもデジカメを使うよりもケータイを使った方が荷物も減るし、操作性自体もデジカメよりも携帯の方が簡単なんだろ思う。

これらの結果より、男性は機能重視。女性はデザイン重視。と言った事が証明されたといえるだろう。
(強引にまとめてしまった・・・・)
[PR]
by takac1225 | 2004-07-27 19:55 | 携帯全般
W21SAでは、「グローバルパスポート」以外は殆どが入っているらしい・・・
・EZナビウォーク、電子コンパス付き(QRコード連携可能、着せ替えナビ対応)
・EZチャンネル対応
・FMラジオ(スピーカー出力対応、ラジオ録音最大40分、1ファイル7MBまで可能)
・200万画素CCD(AF付き)
・QRコード対応
・フォトミキサー機能
・QVGAサイズのムービー録画可能(秒間15フレーム・最大は128MBで40分)
・TV出力(撮影中をTVでモニタ-表示可能)
・新規格着うた(AAC、モノラル32Kbps・ステレオ16Kbps+16Kbpsに対応)、高品質EZムービー(AAC)
・USB1.1対応(PictBridge・マスストレージ対応)
・AACボイスレコーダ(128MBminiSD使用で最大480分録音可能、24Kbps)
・パステルメール対応
・QVGA液晶2.4インチ26万色TFTカラー液晶(240×320ドット)・サブ液晶無し
・可変ヒンジ型「フロントスタイル」(ツイストヒンジ)
・高音質スピーカー(非ステレオ)
・miniSD(別売、128MBまで保障、著作権保護があるデータも外部メモリに移動可能、BREWアプリは移動不可)
・USBケーブルWINで2.4M通信対応(ケーブル別売)
・OCR英語辞書(英和2万語、和英1万語、カタカナ2万語)
・フラッシュ(Flash Lite 1.1)に対応(最大100KB)
・With Disney!搭載
・大容量版BREW対応、BREW2.1(最大容量が600KB、8月以降登場予定のDQやFFに対応)
・データフォルダ20MB(または1024件) BREW用データフォルダ約3MB
・サイズは50×102×25。重さは139g
・連続通話時間は200分、連続待受時間は220時間、充電時間は約130分
・FMラジオの受信時間 40時間 (イヤホン出力時)
・音源は最大64和音(FM音源32音+WaveTable音源32音)
・文字入力システムはAdvanced Wnn
・カラーはゼロホワイト/カスタムブラック/ソリッドミント
発売時期 8月上旬予定
価格は新規2万後半位
キーレスポンス・画像保存再生・データ通信は高速
↑2ちゃんねる 「W21SA」 スレより

はっきり言って、かなり贅沢な端末である。
「スペック一番!!」と言う方には、絶対この端末がオススメである。
a0006819_2251844.jpg
原稿機種では一番のハイスペック機種・・・・のはず
[PR]
by takac1225 | 2004-07-26 22:52 | au関連
☆2ちゃんねる W21Sスレより☆
a0006819_23425379.jpg
製品名:W21S
サイズ:高さ 約 105 × 幅 約 50 × 厚さ 約 26 mm
質量:約 133g
連続通話時間:約 150分  連続待受時間:約 240時間
メインディスプレイ液晶:全透過型 TFT液晶 約 26万色相当 240×320ドット(横×縦)約 2.4インチ 最大 250カンデラ
クイックディスプレイ:液晶 半透過型 TFT液晶 約 6万 5千色 96 × 96 ドット(横×縦)1.1インチ
データフォルダ容量:約 20MB または 1000件(別途 EZアプリ「BREW?」用 3MB)
Eメール送信 BOX容量:約 128KB(または 250件) Eメール受信 BOX容量:約 512KB(または 500件)
入力機能:POBox&Advanced Wnn 音源:最大 64和音 赤外線通信機能:〇
EZムービー:〇 ムービーメール:〇 EZアプリ(BREW?):〇 EZ「着うた」:〇(ステレオ対応)
着ムービー:〇 EZナビウォーク:〇 EZチャンネル:〇
カラーバリエーション:エナジーレッド、ヒーリングシルバー、フューチャーホワイト

カメラ詳細: 130万画素CCD
静止画撮影サイズ
ケータイサイズ(120 × 160)、壁紙サイズ(240 × 320)、VGA(640 × 480)、SXGA(1280 × 960)
ムービー機能:ムービーメール
標準S(96 × 80ドット:5、10、15秒)、標準M(128 × 96ドット:5、10、15秒)、高品質M*(128 × 96ドット:5、10、15秒)、高品質L*(176 × 144ドット:5、10、15秒)
*高品質対応機種のみ再生可能
ビデオLLモード(320 × 240ドット:最大 30分(*3))
ズーム機能:デジタルリニアズーム(49段階・13クリック) 静止画/動画:全サイズ等倍~ 4倍
連写機能:〇 補助照明:フォトライト(白色 4灯) セルフタイマー:〇(10秒) サムネイル表示:○(3枚/画面・9枚/画面表示)
その他のフォト機能 シーンセレクション、リサイズ、ピクチャアレンジ、拡大切り出し、スタンプ、日付スタンプ、フレームなど

機種別情報一覧:http://www.au.kddi.com/ezfactory/tec/spec/new_win/ezkishu.html


☆WirelessJapanレポートより☆
ワイヤレスジャパンレポ
●カタログ的には大きそうですが、持ってみると形状が良いので手に馴染みます。重く感じません。
●液晶の明るさは強烈でした。A5503SA/5505SAなどと同じ完全透過型なので発色が良く、見やすいです。
●周りが騒がしかったので、ステレオスピーカーの効果は分かりませんでした。
●カレンダ/スケジューラが劇的に改良されています。
待ち受けに3ヶ月表示が可能なほか、カレンダ型で表示したとき画面下部のスケジュールウインドウに、何時何分という時刻付きで予定アイコンが表示されます。
また、1週間分を縦スクロールで表示する(1日1行表示)モードで、延々とスクロールし続けられるようになりました。
(従来は1週間分しか表示できず、その先は次ページするしか無かった)
●サイドキーに、三洋機みたいな「懐中電灯ボタン」が付いています。
●残念ながらサイドキーによるマナーモードは今回も無いようです。マナーON/OFFは携帯を開かなくてはなりません。
●カメラの追随性は、夏WIN3機種の中で一番速かったです(もともとソニエリは速いのですが)。
また漢字変換やMENU操作も含め、全ての操作系が夏WIN最速でした。
●ピクトエリアの時計の部分に(カシオみたいに)日付と曜日も表示されています。
●パソコンを使えば、自分でオリジナル辞書を作れるそうです。これはかなり便利だと思う。
●QVGAフル画面で、毎秒15フレームの動画をメモリスティック一杯に撮れます。
カタログには、128MBのメモリで最大30分の動画を連続撮影可能、と書かれています。
メモリスティックのサイズは最大512MBまで対応だそうです。

発売日は7月26日~28日予定
[PR]
by takac1225 | 2004-07-24 00:01 | au関連
発売から約6カ月で900iシリーズの出荷台数は300万を超えた。FOMA全体では500万契約となっている。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0407/23/news021.html?mc10

FOMAの契約者数は現在500万台でauの3Gは1500万台に比べると1/3にしかならないが、FOMA移行のスピードは全く衰えていない。以前300万台から400万台にはおよそ2ヶ月、400万台から500万台には1ヶ月少々と加速中である。
そして、その主翼にはやはり「ケータイにできることの、すべてへ」をうたい文句にした「900i」シリーズである。性能は、505i並まで進化しバッテリーの持ち、電波感度は少なからず2102シリーズの時代よりはよくなっている。
また、パケ・ホーダイの導入や、パケパクの料金値下げにも伴い、契約者数を大きく稼いでいる。そして、今年度中には900iシリーズのみで500万台は余裕に行く!!と言う予測も立てられており、ドコモの快進撃は止まらないであろう
a0006819_16255798.jpg

[PR]
by takac1225 | 2004-07-23 16:27 | ドコモ関連
ドコモは、FeliCa携帯で新しいビジネスモデルを構築することを明らかにした。FeliCaを導入したい企業に資金提供を行う、ファイナンスの事業を検討している。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0407/22/news075.html?mc10


ドコモとSONYが共同でFeliCaを開発した。
それをドコモのOEMが端末にFeliCa搭載して発売する。
さて、どこで使う?となった時に問題が生じる。
FeliCaは専用の読込機器が必要であり、またそれをネットワークで組んで管理する必要も出てくる。そうなると、資金だけではなく技術も必要になってくる。
そこで、ドコモは「資金提供」を行うという。ただ、その後の売上から一部差し引いて儲けを出す巧みな戦術w
ただ、資金提供を受けても結局はリーダーライターを購入する一部となり、ネットワークに関しては各社で組まなければならない。
そういった点で、まだFeliCa参入に踏み切れない企業があるそうだ。
また、FeliCaの利用頻度が上がるのとドコモの収益には比例せず、中々難しいビジネスである。
ただ、FeliCaが主流となればライセンス料金を得られるので将来的にはおいしい企画であるのかもしれない

F900iC楽しみ♪
a0006819_23394138.jpg

[PR]
by takac1225 | 2004-07-22 23:40
全4機種が発表されている非接触ICチップFeliCaを搭載したドコモのiCシリーズ。第3弾となる「SO506iC」の発売が決まった。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0407/21/news034.html?mc10


SO506iCはFeliCa対応である。
所で、FeliCaとは一体何か・・・・以前にも話したことがあるような気がするが、もう一度簡単に復習してみよう。

「FeliCaは新しい料金支払いシステム」
FeliCaは、非接触ICと呼ばれ、専用端末にかざすだけで料金の支払いが行われる。ただ、このシステムは何万といった額を支払う為のシステムではない。コンビニで支払う金額が本来のFeliCaの使用目的であると思う。それではコンビニで支払う金額とはいくらぐらいかというと、大体千円札が出るかで無いかのところである。例えば、とある昼時にお弁当とお茶をコンビニで買ったとすると、支払額は大体¥600前後。そうなると、確実小銭が必要となってくる。もし千円札を出したとしてもお釣りは結構細かくなって財布が小銭でかさばったりする。そんな時、FeliCaがあったらどうだろうか。FeliCaで支払いをする事で財布は不要だし、小銭を持って買いに行く必要もない。普段から常備している携帯さえあればいいのだ。(ただし、FeliCa対応端末に限る)
またFeliCaは携帯の電池が切れてもお構いなしに使える優秀な機能であり、通信料もかからない(ただし、Suica、eLIO等の他の方式の物を使う場合専用アプリケーションをDLする必要はある。Edyのみ端末標準搭載)←訂正済み
それが、ドコモがこれから5年間の主流としていく機能である。

半強制的にまとめたが、また暇があればもう少し詳しく探ってみるつもりです。a0006819_061520.jpg
[PR]
by takac1225 | 2004-07-22 00:07 | ドコモ関連
a0006819_13392.jpg
昨年10月に「J-PHONE」から「vodafone」へ社名変更が行われた。
その際に、vodafoneが宣言した「10の約束」。
それが今になってどうなったか、それを検証してみる。
1、もっとグローバルに
「ボーダフォングローバルスタンダード」は、日本はもとより、海外での通話やメールの送受信を可能にしています。今後はさらに、海外での写メール、ムービー写メールの送受信や日本語でのウェブ閲覧など、国境を感じさせないサービスを次々提供してまいります。
☆国内でも繋がり難い状態がドコモ、auより大きいのに「海外でも使える!!」ってのはカナリ厳しいのではないだろうか。確かに海外でも使えると言うが、料金面では他社同様上がっており、「もっと」と言うのは相応しくないのではないだろうか。

2、TVコールサービスが通話と同じ料金に
「ボーダフォングローバルスタンダード」で提供しているTVコールサービスが通話と同じ料金で利用できます。よりリッチで気持ちの伝わるビジュアルコミュニケーションを手軽に楽しめます。
☆現在テレビ電話の通話料金が同額どころか、1.8倍とドコモのFOMAのテレビ電話と同額である。

3、パッケージプランの提供
ボーダフォンでは、お客さまにケータイライフをもっと楽しんでいただくために、ケータイの枠を超えた様々な特典(音楽、グルメ、ショッピング等)を提供していきます。
☆携帯会社なら、エリア向上や通信インフラの整備・開発をするべきでは?それが、満足いく結果が出てないのにおまけでユーザーを釣ろうなんて悪徳

4、先進機能搭載、優れたデザインの携帯を次々と
ボーダフォングローバルスタンダード「V801SA」をはじめとし、先進機能を搭載した、優れたデザインや豊富なカラーバリエーションのケータイを次々とお届けいたします。
☆次々と出ていないのが現状。ドコモやauはvodafoneの2倍くらいは出ている。端末自体もSHARP任せで、非パケット機が未だに主力のような状態。パケ割の恩恵が受けられないユーザー続出

5、機種変更、お求めやすく
先進のケータイをいつもご利用いただけますよう、ボーダフォンマイレージサービスを導入し、機種変更を今までよりお求めやすくいたします。
☆新規¥0、¥1をやっている中で、機種変更だけは1万以上したり、VGSに限ってはカナリ高額であり、他社よりも高いのが現状。

6、料金プランや割引サービスをパワーアップ
好評いただいている「自動くりこし」、「メール受信無料※」、「家族割引」に加え、今後もさらにお客さまのコミュニケーションをサポートする料金プランや割引サービスをお届けしていく予定です。現在の料金プランは10月以降も変わりません。※192文字相当まで。
☆ハッピータイムが終了(打ち切り?!)し、改悪されたハッピータイム2。ハッピータイムの恩恵を受けようとして、「vodafone契約」し「ハッピーボーナス」まで契約された方はかなりの損害。そして、解約料金はシッカリと頂く。また、一部ユーザーではハッピータイムによりプランの通話料が上がる場合も・・・

7、「J-スカイ」は「ボーダフォンライブ!」へ飛躍します
ご愛顧いただいております「J-スカイ」は、「ボーダフォンライブ!」へ名称を変更し、従来のサービスに加え、さらにグローバルでリッチな新サービスを次々お届けしてまいります。もちろんこれまでのサービスやコンテンツは引き続きご利用いただけます。
☆一向に変化なし。変わったのは携帯から見るメインサイトのレイアウトくらい

8、Eメール受信は今までどおり
11月よりEメールアドレスのドメイン名を変更させていただきました。現在ご利用いただいているEメールアドレスでも引き続きメール受信はできますが、なるべくお早めにご変更くださるよう、よろしくお願い申し上げます。
☆ドメインは変わったものの「メール遅延・紛失」は以前通り起こり、結局はドメインが変更されただけで、ユーザーに無駄な手間を掛けさせた。(特に他社ユーザー。vodafone通しは電話番号でできる為)

9、「J-フォンショップ」は「ボーダフォンショップ」へ
J-フォンショップはボーダフォンショップとして装いも新たに生まれ変わります。もっと気軽にボーダフォンの商品やサービスにふれていただける店舗を目指します。また、お客さまセンターも従来どおり、日本語、英語とも対応いたします。さらにきめ細やかな対応を目指します。
☆三和銀行や東海銀行がUFJ銀行になったように。第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行がみずほコーポレート銀行になったように。こんな事は、当たり前であり変えない方がおかしいのでは?それに約束するような事じゃない。サポセンレベルも上がってないし、ショップの店員は改悪している。

10、「J-フォン」のケータイは引き続きご利用いただけます
「J-PHONE」の名前が入ったケータイは、10月以降も引き続きご利用いただけます。通話はもちろんのこと、メール、ウェブなどのサービスも今までどおりご利用いただけます。
☆当然の事でしょ。別に約束される必要はなし。

と、以上の10でしたが、2004年4月下旬にこれらは全て取り消され、白紙となった。
こんな事が許されて良いのだろうか。明らかにユーザーを裏切っている。
そして、現在では純増数も落ち、純減に近づいてきている。この状況を打破する手段はあるのか?期待しないで見守ろう・・・
[PR]
by takac1225 | 2004-07-17 13:40 | その他