なんとなく復活してみました(´・ω・`)


by takac1225
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:その他( 15 )

ソフトバンクBBは9月6日、総務省に意見書を提出すると共に、800MHz帯を割り当てられれば直ちに携帯事業に参入する意志があることを表明した。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0409/06/news023.html?mc10


ソフトバンクBBの参入がもしも、現実となった場合は『価格破壊』は100%起こると言っても、過言ではないだろう。
YahooBBの例を見れば明らかである。
『価格破壊』が起きるたら、他社も下げざるを得なくなり、全体的に安くなっていく事は間違いない。そうなると、ユーザーとしてはヽ(´ー`)ノバンザーイだが、携帯各社としては(´・ω・`)ショボーンであり、違った収入源を探す事になってくるだろう。
しかし、ソフトバンクの新規参入が実現するとしても、今から2年は先の話の為、その間に携帯電話業界が大きく変わっているかもしれない。
定額制が当たり前となっているかもしれない。IP電話が当たり前となてるかもしれない。高速通信が当たり前となってるかもしれない・・・
そんな中、ソフトバンクBBはどのような手段で、携帯業界に参入してくるのか、実に面白い展開になりそうだ
a0006819_2350866.jpg

[PR]
by takac1225 | 2004-09-06 23:48 | その他
と言う訳でネタがないので、残り4ヵ月チョットの2004年を携帯電話各社がどうなって行くかを予測してみます!

☆ドコモ
秋には500シリーズ最後の506iSが発売され、11月頃には901iの仕様が少しずつ公開され始め、12月には発売の可能性も…?!
☆au
ドコモとのユーザー獲得競争が第一の課題となり、A5000シリーズが秋から発表されていくのでは…?!
☆vodafone
ドコモやauと違い現在は純減の道を歩んでおり今後もドコモやauと勝負するどころかどれだけユーザーを逃さないようにするかが第一の課題となるが今のプランではまず無理だろう。プランのリニュアルが最優先
[PR]
by takac1225 | 2004-08-16 22:16 | その他

携帯より…

最近、パソコン用に作られたものがよくケータイにも対応したりしている。例えば「i-mode」なんかはケータイにインターネットを対応させたシステムであり、「miniSD」はSDカードの基本的な作りを小さくしてケータイに搭載しやすくした外部記録メディアである。
そして、この北陸モバイル研究所は「excite」のblogを使用しているがこれもまたケータイからの投稿が可能となりパソコンがなくても何時でも書き込めるようになっている。
「これからもケータイでも○○」ってのが増えてくる事だろう。ケータイで何時でも何処でも使う事が可能になってもそれに伴うセキュリティが備わってないといけない…富士通頑張れ☆
[PR]
by takac1225 | 2004-08-12 21:30 | その他
a0006819_13392.jpg
昨年10月に「J-PHONE」から「vodafone」へ社名変更が行われた。
その際に、vodafoneが宣言した「10の約束」。
それが今になってどうなったか、それを検証してみる。
1、もっとグローバルに
「ボーダフォングローバルスタンダード」は、日本はもとより、海外での通話やメールの送受信を可能にしています。今後はさらに、海外での写メール、ムービー写メールの送受信や日本語でのウェブ閲覧など、国境を感じさせないサービスを次々提供してまいります。
☆国内でも繋がり難い状態がドコモ、auより大きいのに「海外でも使える!!」ってのはカナリ厳しいのではないだろうか。確かに海外でも使えると言うが、料金面では他社同様上がっており、「もっと」と言うのは相応しくないのではないだろうか。

2、TVコールサービスが通話と同じ料金に
「ボーダフォングローバルスタンダード」で提供しているTVコールサービスが通話と同じ料金で利用できます。よりリッチで気持ちの伝わるビジュアルコミュニケーションを手軽に楽しめます。
☆現在テレビ電話の通話料金が同額どころか、1.8倍とドコモのFOMAのテレビ電話と同額である。

3、パッケージプランの提供
ボーダフォンでは、お客さまにケータイライフをもっと楽しんでいただくために、ケータイの枠を超えた様々な特典(音楽、グルメ、ショッピング等)を提供していきます。
☆携帯会社なら、エリア向上や通信インフラの整備・開発をするべきでは?それが、満足いく結果が出てないのにおまけでユーザーを釣ろうなんて悪徳

4、先進機能搭載、優れたデザインの携帯を次々と
ボーダフォングローバルスタンダード「V801SA」をはじめとし、先進機能を搭載した、優れたデザインや豊富なカラーバリエーションのケータイを次々とお届けいたします。
☆次々と出ていないのが現状。ドコモやauはvodafoneの2倍くらいは出ている。端末自体もSHARP任せで、非パケット機が未だに主力のような状態。パケ割の恩恵が受けられないユーザー続出

5、機種変更、お求めやすく
先進のケータイをいつもご利用いただけますよう、ボーダフォンマイレージサービスを導入し、機種変更を今までよりお求めやすくいたします。
☆新規¥0、¥1をやっている中で、機種変更だけは1万以上したり、VGSに限ってはカナリ高額であり、他社よりも高いのが現状。

6、料金プランや割引サービスをパワーアップ
好評いただいている「自動くりこし」、「メール受信無料※」、「家族割引」に加え、今後もさらにお客さまのコミュニケーションをサポートする料金プランや割引サービスをお届けしていく予定です。現在の料金プランは10月以降も変わりません。※192文字相当まで。
☆ハッピータイムが終了(打ち切り?!)し、改悪されたハッピータイム2。ハッピータイムの恩恵を受けようとして、「vodafone契約」し「ハッピーボーナス」まで契約された方はかなりの損害。そして、解約料金はシッカリと頂く。また、一部ユーザーではハッピータイムによりプランの通話料が上がる場合も・・・

7、「J-スカイ」は「ボーダフォンライブ!」へ飛躍します
ご愛顧いただいております「J-スカイ」は、「ボーダフォンライブ!」へ名称を変更し、従来のサービスに加え、さらにグローバルでリッチな新サービスを次々お届けしてまいります。もちろんこれまでのサービスやコンテンツは引き続きご利用いただけます。
☆一向に変化なし。変わったのは携帯から見るメインサイトのレイアウトくらい

8、Eメール受信は今までどおり
11月よりEメールアドレスのドメイン名を変更させていただきました。現在ご利用いただいているEメールアドレスでも引き続きメール受信はできますが、なるべくお早めにご変更くださるよう、よろしくお願い申し上げます。
☆ドメインは変わったものの「メール遅延・紛失」は以前通り起こり、結局はドメインが変更されただけで、ユーザーに無駄な手間を掛けさせた。(特に他社ユーザー。vodafone通しは電話番号でできる為)

9、「J-フォンショップ」は「ボーダフォンショップ」へ
J-フォンショップはボーダフォンショップとして装いも新たに生まれ変わります。もっと気軽にボーダフォンの商品やサービスにふれていただける店舗を目指します。また、お客さまセンターも従来どおり、日本語、英語とも対応いたします。さらにきめ細やかな対応を目指します。
☆三和銀行や東海銀行がUFJ銀行になったように。第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行がみずほコーポレート銀行になったように。こんな事は、当たり前であり変えない方がおかしいのでは?それに約束するような事じゃない。サポセンレベルも上がってないし、ショップの店員は改悪している。

10、「J-フォン」のケータイは引き続きご利用いただけます
「J-PHONE」の名前が入ったケータイは、10月以降も引き続きご利用いただけます。通話はもちろんのこと、メール、ウェブなどのサービスも今までどおりご利用いただけます。
☆当然の事でしょ。別に約束される必要はなし。

と、以上の10でしたが、2004年4月下旬にこれらは全て取り消され、白紙となった。
こんな事が許されて良いのだろうか。明らかにユーザーを裏切っている。
そして、現在では純増数も落ち、純減に近づいてきている。この状況を打破する手段はあるのか?期待しないで見守ろう・・・
[PR]
by takac1225 | 2004-07-17 13:40 | その他
a0006819_053.jpg
富士通とアメリカのマイクロソフトが提携関係を強化すると発表しました。富士通が開発する次世代サーバーにマイクロソフトの新型基本ソフトを搭載します。

 富士通とマイクロソフトが記者会見を開き、発表したところによると、富士通が開発する次世代のサーバーにマイクロソフトの新型基本ソフト「ウィンドウズ2003」と「ロングホーン」を採用することを決めました。ウィンドウズ2003を搭載した機種は2005年前半に、ロングホーンを搭載した機種は2007年に販売を始める計画です。
 
 また、両社は企業の業務用システムの分野で共同開発も進めていくということで、富士通とマイクロソフトは2002年に結んだ提携関係を今回、更に強化することになります。

☆TBS News i
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline987839.html

サーバー部門にかなり力を入れていたFujitsuが、更に本腰を入れるべく、OSシェアナンバー1のMicrosoftと提携を更に強化した。
コレを機会にFujitsuもMS並の知名度になって欲しいものである。
FFF....
[PR]
by takac1225 | 2004-06-29 00:06 | その他