なんとなく復活してみました(´・ω・`)


by takac1225
カレンダー

2004年 12月 30日 ( 2 )

F901iC最大の問題である、添付CD-ROMに入っている「miniSDユーティリティ」の読書きが極端に遅いという声が非常に多いのだが、この原因はクレドールにあった。
本日試しに、miniSDリーダーライタ(といってもPC内蔵のもの)でGREEN HOUSE128MB(6MB/s)のうち116MBデータを入れて試したところ、読込み・書込み共に1分20秒程でクレドールを使った場合よりおよそ10倍近くの差が出る事が判明。
書き込んだ後、情報更新しなくとも、そのまま使える点も変わっていない。
miniSDリーダーライタがあるならば、こちらを使用して読書きを行った方がいいだろう。

また、試しに同データをF900iに差し込んで情報更新をしないまま、開いてみたところ、フォルダまでは認識しなかったものの、日本語ファイル名の形はキープされていた。
つまり、F901iCのminiSDユーティリティはF900iにもフォルダ分けは出来ないものの対応しているといってもよい。
[PR]
by takac1225 | 2004-12-30 21:49
以前から「FOMAは電波が悪い」と言われている。
その理由として、2GHz帯を使用している事が上げられる。
2GHzは800MHzと比べ、反射率が悪く、カバーエリアも狭いのである。
しかし、2GHzには、収容率が高く、商店街や人口過密地域では大活躍する。
現在、auも800MHzをメインに使っているが、ユーザー数はドコモの半数なので、耐え切れるのだが、ドコモのmovaとなると、現時点で限界に達しており(限界突破?!)、ドコモとしてはなんとしてでも、2GHz帯に移動してもらいたいのだ。その為に、現在主力機種となっているFOMAの存在があるわけだ。
周波数に余裕があるのならば、わざわざFOMAのような携帯電話の最低条件(電波が繋がる)を満たすには、多くの投資が必要な技術は使わないだろう。

さてさて、私的な話に戻なるが、自分の家(木造2階建て)は、NTTドコモ北陸のエリア内で、中心部よりの為、十分電波があるはずなのだが、イマイチ安定性にかけている。
mova F505i使用時には、完璧3本で安定していたのだが、FOMA F900iとF901iCになると大体は3本たっているが、時には1本まで落ちたり「気まぐれ?」とも思わせるくらい頻繁に変動している。
しかし、電波が1本で通話をしてもFOMA特有のクリアな音で、3本の時と殆ど変わらず・・・

たまに、FOMA F900i,iT,iC,F901iCを購入したユーザーが「こっちの声が届きにくい!!」と文句を言うが、シッカリマイク口に向けて喋っているだろうか?
900i以降、F端末はスライド式の指紋センサーを普通の端末なら、マイク口の部分に設置してある為、どうしてもマイク口をずらす必要がある。
そのため、左耳で通話する場合は、マイク口が顎の部分にまでさがり、こちらの声が届かないといった現象が起きるのだ。
なので、F端末で通話をする場合は必ず右耳に当てて通話をするか、左耳で通話をする場合は指紋センサーの高さと鼻の高さを同じくらいにして喋るのがBESTである。
[PR]
by takac1225 | 2004-12-30 02:34 | ドコモ関連