なんとなく復活してみました(´・ω・`)


by takac1225
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2004年 10月 01日 ( 1 )

「携帯はADSLとは若干違う世界。“安さ”だけではないのが特徴だ」

 NTTドコモの中村維夫社長が9月30日の社長会見で、携帯参入をうかがうソフトバンクについてコメントした。「(ソフトバンクが参入すれば)競争がますます激しくなるのは間違いない」としたものの、携帯電話はネットワークの安さだけではなく、端末やコンテンツなど総合力の勝負だとした。

 「(今でも)通信料も端末も安いところがあるが、勝てているかといえば、勝てていない」(中村氏)

 ソフトバンクが異議を申し立てている800MHz帯については(9月6日の記事参照)、「2012年までに再編しようという話。2006年、07年の話ではない」と、直近の情勢には影響ないとした。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0409/30/news100.html


確かにいくら安くても、コンテンツが不十分であったり、電波の良し悪し、通信トラフィック等、携帯電話には色々な魅了であり、必要不可欠な箇所がある。
例えばいくら価格が安いからといって、通信速度が遅かったり、電波が届かなかったりすれば、結局は品質>価格となってしまう事には変わりない。
ソフトバンクは、「YBB(ヤフーブロードバンド)」で、国内の多くの加入者を加入させることに成功したが、これはあくまでも従来の電話回線を使用しているためカバー範囲の心配はなく、成功したとも言える。
ただ、これが携帯電話となると話は別だ。
携帯電話は、自社で電波塔(基地局)を立てる必要があるため、莫大な費用が要求されてくる。
果たしてここまでして、ソフトバンクには勝算があるのだろうか・・・!?
[PR]
by takac1225 | 2004-10-01 14:17 | ドコモ関連