なんとなく復活してみました(´・ω・`)


by takac1225
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2004年 07月 29日 ( 1 )

900iシリーズに続いて登場した「FOMAらくらくホン」の型番は「F880iES」。880やESは何を意味するのか。FOMAの型番ルールに迫る。

☆ITMediaMobile
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0407/29/news082.html?mc10


ドコモ端末といえば、端末名が素敵w「505i」とか「900i」・・・これらはユーザーとしても非常にわかりやすい付けかただと思う。「504iシリーズ」はmova2002年モデル、「505iシリーズ」はmova2003年モデル、「900iシリーズ」はFOMA2004年モデル、「901iシリーズ」はFOMA2005年モデルと言ったように、単純に一年毎に下一桁を1つ繰り上げている。
また、

型番 端末の種類
9xx FOMA、パルディオ・ホームステーション
8xx 個性派FOMA、ドッチーモ、レンタルアナログ携帯
7xx PHS
6xx 個性派携帯、スタンダード携帯(デジタルムーバ)、
5xx iモード携帯
4xx 自動車電話(デジタルカーフォン)
3xx スタンダード携帯(デジタルムーバ)、PHS(パルディオ)
2xx スタンダード携帯(デジタルムーバ)
1xx アナログ携帯(ムーバ)

と言う規則性もある。

そして、「900i」、「505i」、「506i」、「252i」と言ったように、「i」が付くものは「i-mode対応端末」
「505iS」、「900iS」と言ったように、「S」が付くものは「セカンドモデル」所謂、「i」のスペックを上げた物が「iS」と言った感じだ。
また「L」は「無線LAN」、「T」は「タッチパネル」、「C」は「FeliCa」、「GPS」はそのまま「GPS」である。
また、昨日取り上げた「F880iES」の「ES」とは「Easy & Simple(イージー&シンプル)の略」であるとの事。

因みに、昨年までのFOMAの端末名は「2xxx」と4桁だったが、やはりユーザーの馴染みがないみたいなので、3桁にしたらしい。また、「何故、901i」じゃなかったかというと、「(FOMAを)ゼロからはじめる」と言った意味も込められているそうだ。
[PR]
by takac1225 | 2004-07-29 23:28 | ドコモ関連