なんとなく復活してみました(´・ω・`)


by takac1225
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2004年 06月 01日 ( 1 )

a0006819_231257.jpg
NTTドコモは6月1日、FOMA 900iシリーズの新機種「N900iS」「P900iV」「F900iT」を発表した。今年2月から順次投入してきた900iシリーズの派生モデルとなる。非接触ICチップFeliCaは内蔵していないが、独特な機能の採用が目を引く。

 N900iSは「N900iのデザインをベースにして、特徴のあるカラーを追加したバージョンアップモデル」iモード企画部のサービス戦略マーケティング担当主査増田智子氏)。F900iTとP900iVは、ハイエンド機種となり、販売価格も高めとなる模様。各機種とも発売日は未定。

 それぞれ大きな新機能の追加はなく、サービスは900iシリーズを継承。端末独自の機能追加がメインとなる。

 50xシリーズは、ある程度機能を統一し、春にi、秋にiSという投入サイクルだった。900iシリーズでは、「ユーザーのニーズが多様化しているので、スタンダード機だけの供給は難しくなっていく。機能特化型の端末も順次投入していく」(増田氏)と、モデルの多様化を図っていく。

今回の3機種の位置づけ。「900iに切り替わり、ちょっと過渡期なのでタイムスケジュールが明確ではないが、“90xiを出してiSを出す”といった分かりやすいものにしていきたい」(増田氏)。ちなみに、“iS”はSecond、“iT”はTouch panel、“iV”はVisualを意味している

 N900iS(NEC製)は、「誕生祝い」などのデコメールテンプレートを20種類内蔵したほか、デコメールのユーザーインタフェースも向上した。日本語入力機能「T9」も強化され、「N506i」のようにダイレクトに漢字候補を選択できるようになっている。ターゲットは「赤、ピンクといった特徴のある色。個性的なモデルを求める人にお勧めしたい」(増田氏)。

 P900iV(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)は、独特のヒンジ形状で話題を呼んだ「P2102V」を模したムービースタイル端末。195万画素のCCDカメラをヒンジ部に横向きに搭載した。動画撮影機能も強化され、P900iの約3倍の解像度となるQVGAサイズでの撮影が可能。

 「AV機器に興味を持つ男性がターゲット。(P2102Vは)子供の様子を動画で残したりと、意外に主婦にも人気だった。幅広く女性層も狙っていけるのではないか」(増田氏)。新カスタムジャケットが登場する「P900i」も併売される(6月1日の記事参照)。

 F900iT(富士通製)は、メインディスプレイにタッチパネル液晶を採用し、Bluetooth機能も内蔵した端末。タッチパネルは同梱のスタイラスで操作でき、画面に書き込んだ画像をメールに添付することもできる。

 KDDIはBluetooth内蔵端末を投入しているが、ドコモが内蔵の音声型携帯を出すのは初めて。Bluetoothヘッドセットも別途用意する。各種機能を盛り込んだことで、厚みは32ミリ、重さは154グラムと大型化した。カメラは128万画素CCDを採用した。

☆http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/0406/01/news025.html

携帯は常に進化している・・・そしてとうとうココまで来た・・・しかし、まだまだ進化する・・・いつ買えばいいんだ・・・
今回は、日本電気、Panasonic、富士通とドコモでも売れ行きの高い3社からのアナウンスである。
今回のモデルは「ヘビーユーザー向け」であって携帯を「メールと電話」しか使わない人にとっては特に興味のない端末でもあるであろう。
だが、携帯が好きな人(使いこなす人)にはかなり嬉しいのではないだろうか。
とりあえず、素人にはオススメできないw
[PR]
by takac1225 | 2004-06-01 23:14 | ドコモ関連