なんとなく復活してみました(´・ω・`)


by takac1225
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

イーバンク銀行でEdyチャージ

1月10日よりイーバンク銀行が、口座からEdyチャージが出来るサービスを開始した。
サービス対象者は、イーバンク銀行で、口座を開設している人に限っている。
チャージ最低額が1000円で、最高額が25000円であり、パソコン・携帯電話共に、アクセス可能。また、365日24時間いつでもチャージできるのは魅力的である(システムメンテナンス時は除く)。

さてさて、そういう僕も火曜日にEdyチャージ初体験をした。口座にあまりお金がなかったのと、まだ普及してないため、試験的に1000円をチャージしてみた。操作方法は、特に難しくなく、画面の支持に沿って手続きを行っていけば、そう間違えることはない。
そして、イーバンク側で手続きが終わり、次はiアプリの[電子マネー「Edy」]を起動させ、「主なメニュー」⇒「Edyギフト」そして、先ほどチャージしておいた分のギフトが届いているので、それを受け取れば後は、自動的に現在の額にチャージされて金額が加算される。

これから、Edyは間違いなくコンビニ、レンタル関連、自動販売機、ファーストフード等で主流となり、Suicaは、電車やバスといった、交通機関で普及していくだろう。
なぜ、このようなものがこれから流行るかと言うと、やはり利便性が高い事が注目を浴びているのだと思う。これらのサービスとよく似ているものといえば、「クレジットカード」であるが、こちらは中々数百円と言ったもので使うのは気が退ける人が多い。コンビニで、お茶とおにぎりを買ってクレジット払いをしている人はそう見ない。また、クレジットはかなり高額な買い物まで出来てしまうため、落とした時には、顔面蒼白。しかし、EdyやSuicaでは、先払い制なので、もしも落としたとしても、被害額はチャージされていた額と借金を背負ったりすることはない。そして、何よりも携帯電話に搭載されたことで、近場のコンビニに行くにしても、携帯電話を持っていく人は多いのではないだろうか?そこで、かつ会計まで出来るとなれば、普及すること間違いなし。そして、他のキャリアも早くこれらのサービスを始めないとユーザーに見放される事になる。auからは2005年秋に発売。ボーダフォンも参加表明しており、こちらはカード型にして、差し替え可能にして発売するそうだ。
だが、もうドコモがEdyリーダーライターを格安で提供し、後々、使用料金として回収していくことで、いつかはプラス面に転じるに違いない。そうなると、やはりまたドコモに多額の資金が流れ込むだろう。
[PR]
by takac1225 | 2005-01-16 15:19 | ドコモ関連