なんとなく復活してみました(´・ω・`)


by takac1225
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

【au】春商戦の勝社は!?【NTTDoCoMo】

a0006819_21447.jpg
『春商戦はキャリア一番ユーザー獲得期間』
春商戦は2月~4月末位までの期間であるが何故この期間が一番なのかというと、卒業生、入学生が新しい環境に向けて、携帯電話(以下、携帯と略す)を購入するからだ。一番の的は「中学卒業⇒高校入学」であろう。最近の子供達は、高校生になれば携帯を所持するのが当たり前となっている。
勿論、中学生の時にも持っている人もいるが、現時点では少数である(女子は中2位から一気に普及率が上がる)。それが高校に行くと一変して所持率は男女合わせて8~9割にまで伸びる。これは、中学校での規則の厳しさもあるが、決して高校だからと言って携帯の所持が許可されているとは限らない(実際は、隠れてばれないように持ってきているのだが)。なら何故、ここまでの普及率になったのかというと、日本も物騒な世の中になり、親も子供の帰りが遅い時などは本当に心配するだろう。そんな時に携帯を持っているか持っていないかで、「心配」の重さが全く異なる。と言うのもあるが結局は、周りの人が持っているから持っているってのが大半ではないだろうか。
少し話は反れたが、4月と言うのは色々と「新しい」が多い季節である。上京してきた人が今まで家では使えたが新居で電波が弱くなったりしたりして、キャリアを代えるユーザー。就職が決まり、プライベート用でも会社で使えるように電波調整に買う人もいるだろう。また、そろそろ古くなって新機種が欲しい!!と思って機種変するのもこの季節に多いらしい・・・
そのため、春商戦はキャリア一番のユーザー獲得期間なのである。

『ココで一挙挽回したいドコモ、このまま逃げ切りたいau』
ココ数ヶ月、ドコモはauに純増数が負けている。
その原因は、「mova⇒FOMAへの移行期間」・「auの新機種発売」・「ドコモの控えめな端末CM」
「mova⇒FOMAへの移行期間」
ドコモは現在movaからFOMAへの移行に必死である。しかし何故、移行しなければならないのか。現状のmovaでもイイのではないか!?と思うかもしれませんが、現在ドコモの契約者数4500万人。そのうちmova契約者数がおよそ4200万人と、90%以上を占めている。そうなると、PDCの最大収容率は4400万と何処かで書かれていたが、その数を直ぐに超えてしまう。ただでさえ、音質を落としてやっとのドコモがこれ以上落とせるわけがない。なので、まだまだ余裕のあるFOMAへ移行しようと考えたのだ。しかし、FOMAは2GHz帯を使うため、収容者数はPDCよりは多いがカバー範囲が狭いといった、デメリットが生じてしまい、結果「FOMAは繋がり難い」と言われるようになった。だが、ココ数ヶ月で一気にアンテナ数を増やし一応市町村90%以上はカバーできることになっている。そしてもう一つの原因が「仕様の低さ」である。2003年夏頃のFOMA(2102V)とmova(505i)を比べると、およそ1年FOMAが遅れている。その理由は、積極性がなかったのもあるが端末自体の大きさがさらにでかくなると言う恐れもあったからだ。現在のFOMAはかなりスマートになったにしろ、movaよりは大きい。だが、今回の900iシリーズからスペックは505i以上で電池の持ちも一気に増えmovaと殆ど変わらないまでに伸びた。勿論それにかけるドコモの投資額も1キャリア数十億にもなっている。
「auの新機種VSドコモ新機種505iS」
ドコモの505iが一旦落ち着いた秋にauが秋シリーズを投入して来た。各メーカー独自色の強いauだけあって、スペックで選ぶと言うより、メーカー(機能)で選ぶことが多い。SANYOの「FMラジオ搭載」、京セラの「電子コンパス内蔵、最大スペック、リボルバー」、鳥取三洋「ストレートタイプ」、カシオ「200万画素CCD」、東芝「テレビ連携」、そして日立の「W11H」である。
そして、定額制通信WINの始まったのもこの頃である。こうなると、ドコモ側は特に特色の多くないマイナーバージョンアップを行った505iSシリーズは中々宣伝がしにくかったのではないだろうか。
そのため、ユーザー離れも始まったのだと思う。FOMAへ移行で505iS自体そこまで売るつもりもなかったのかもしれない。
[この春商戦は、ドコモ有利!?]
昨年のこのシーズンの勝社はドコモであった。今年もドコモのような気がする。
「FOMAシリーズ900i発売」
2月から900iシリーズが発売され始めた。スペックは高く、今までより、新しいFOMA独自の機能も搭載されていて、ユーザーにも関心があるのではないだろうか。
そして、価格もこのシーズン大きく動いている。端末は「卒業者は¥10000引き」、「18歳(若しくは21歳)未満は¥5000引き」等、端末の値段を抑えただけでなく、「ファミリー割引の割引率が20%から25%にまで引き上げ」られ、先日「パケットパック(以下パケパクと略す)の値下げ」、定額制通信「パケ・ホーダイ」も始まった。
これは、明らかに対auであり、一気にこの春商戦に力を入れているのではないだろうか。
対するauはウリの「定額制」(パケ・ホーダイ)・「パケ割」(パケパク10より割高)・ミドルパック(パケパク60)・「新機種」(900iの色が強い)・「着うた」(着モーション)・「ファミリー割引支払い講座別」がドコモに負けている若しくは同じなため、宣伝のしにくい状況だろう。
残るウリは「家族割最大約50%OFF」(ドコモ45%)・学割半額・「GPS関連」(今の所予定なし)であるだろう。
だが、auはココ数ヶ月で一気に人気を上げてるのでどうなるかは全くわからない

「予想されるCM」
☆ドコモ
「定額制始まる、パケパクも値下げ」
☆au
「学割半額・家族割も最大約50%OFF」
であると思われる。

さて、今年の春商戦勝つのはどっち!?

現在低迷中のvodafoneは「サービスも今一、端末も今一」・・・(´Д⊂ モウダメポ
[PR]
by takac1225 | 2004-03-28 02:15 | ドコモ・au関連